Aomori Athletic Trainer Association

青森県アスレティックトレーナーの会

会長挨拶

平成15年にスポーツドクターのはからいで「青森県スポーツドクターの会」の下部組織としてのトレーナー活動が始まりました。「青森県スポーツドクターの会トレーナー部会」の誕生でした。スポーツドクターの指導の下、国体参加競技を中心に医科学的側面から「アスリートの健康管理」「スポーツ障害・外傷の予防とケア」「救急体制の確立」「メディカルサポート」等を目的として活動をしてまいりました。メンバーは日体協公認トレーナー、理学療法士・作業療法士、鍼灸・マッサージ師、看護師、柔道整復師、等それぞれ違う職種の集まりでありましたが、ここまで活動を継続できたのはトレーナーという仕事に対する魅力と情熱、スポーツドクターのご指導とご支援、県体協および各競技団体様のご協力のおかげだと思っております。

発足当時より独自のトレーナー養成講習会を実施し、部会公認のトレーナーを養成してまいりました。現在、会員数は120名、内、公認トレーナーは80名となり、さらなる会員の充実とレベルアップを図るべく養成講習会、研修会、テーピング等のワークショップを行っております。また並行して、スポーツ指導者の方や養護教員の先生方を対象としたスポーツ障害予防等の講習会も行ってまいりました。随時会員の募集と養成講習会参加者の募集を行っております。トレーナーという仕事に興味のある方は是非ご参加いただきたいと思います。

平成25年4月より青森県スポーツ医科学委員会の組織編成に伴い「青森県スポーツドクターの会」の下部組織から独立し「青森県アスレティックトレーナーの会」として新たな組織となりました。青森県スポーツ医科学委員会の一員として、青森県のスポーツのさらなる向上の下支えとなるよう努力してまいりたいと思っております。
各界の皆様のご理解とご協力のほどよろしくお願い申し上げます。

青森県アスレティックトレーナーの会会長
会長 近江 俊正